ネパール料理というと、ピンと来ない方が多そうですよね。タイ料理とかなら安心感あるけど。

ネパール料理というより、ランチなら「カレー屋さん」といってよくて、

桜新町の砂の岬とか、サンバレーホテル、Amiなどに並ぶ、意識高い系(ダル系)カレー店の仲間といってよいでしょう。 (意識高い系って比較的いい意味で使ってますよ)

入る前はどんなもんか店内の雰囲気含めて「不安」がある方はまずHPを見ると、オシャレで今風だなというのがまず伝わります。 メニューもあるのでチェックしてみましょう~ http://www.nepalico.com/

店内は結構広くて、お一人様ならカウンター席もあるし、テーブル席も充実していて清潔感もあって非常にGOODです。

ダルバート=カレー定食的な


で、ランチはこれがテッパン。 ダルハート900円(2種だともう少し安い)

カレー定食的なニュアンスで、何気にカレーは3つのうちの真ん中だけ。 右のが豆のスープで、左は野菜炒めのようなものです。カレーが無いのが800円。

スープを+100円で「マトンカレー」にするのも一つの手。

この構成は、有名人気店の桜新町「砂の岬」と似てて、「3つともカレーかと思った」ってのが最初の感想。


きました。

これがですね、「思ってたより美味い!」「優しい味!」「・・ていうか、めっちゃ美味い!」って3段階に感動するのですよ。

海外料理でまず身構えてしまう、クセ的なもの(ニオイとか)が、全くありません。

材料は知らないけど、何かオーガニック系の身体にいい物を食べてるような感じがするのです。

それでいて味がちゃんとしていてオイシイ。

先入観も手伝って、むっちゃくちゃうめー!って感動しちゃうわけですね。 2回目も同じ風に思いましたから。


オススメの食べ方として、「スープもカレーも野菜も全部まぜこぜにして食べる」んですけど、これがさらに美味い。

なんか、新しい味わいです。 味わった事のない味わいです。

なのにオイシイって感動じゃないですか。 書きたくは無いけど、ハーモニーなんですよ、ハーモニー。


味に飽きて混ぜてもおいしいという感じじゃなくて、混ぜると余計に美味しい、あれ?何かめっちゃ美味いぞって。

強いてマイナスな点を挙げるとしたら、食べてる時は「これ毎日でも食べたい!」って思うんですよね。 クセが無いから。

でも、翌日になって腹が減っても、そこまで「ネパリコ食いてー!」ってならないんですよね。 クセが無いから。

近場だと「ピキヌー」の方が辛いという刺激が脳に残ってるから行きたくなるみたいな。

しかしながら、ここはかなりオススメ度が高いです。 デートにも使えるし、1人飯でも使えるし、外しが無いです。 気分じゃなくても行けば裏切らないから、困ったら行くという事が多く、そのたびに「やっぱいいじゃん」って思っています。


メニューは他にもあります。 普通のカレーもありますしね。  焼きそば的なのもあります。 カレーを食べるつもりでここに歩いている途中、焼きそばの話をずっとしてたから焼きそばが食べたくなって注文した事ありますが、これはまあ想定通りの味でした。 男性でとにかくガッツリ行きたいなら普通のカレーの方がいいかもしれませんが、思ってたよりうめー!ってなるのはダルバートです。

マトンカレーのレビュー


追記、マトンカレーも食べてみました。 羊のニオイがきつかったです~ 

苦手かどうかは育った食環境等で分かれるそうなので、単にあたしが苦手なだけですね。 むしろ最高!って人もいるでしょう。

同じ羊でもラム(仔羊)よりもマトン(大人)の方がニオイが強いので、苦手かもしれないと思う方は注意です。



ブログランキングに参加しています。
記事が役に立ったら、下の2つのボタンをポチして頂けると励みになります!!

にほんブログ村 グルメブログ 昼食・ランチへ