246沿いを桜新町方面にずっとまっすぐ行くと、桜新町へ続くガススタ「ENEOS」に行くよりは手前にあるインド人(多分)による、インド料理(カレー)店。

このお店は、よくあるインド料理店そのもので、「チキンカレーとナン」これがメインのお店です。 最近流行りのインドカレーの個人店とは違う

「日本人向けのインドカレー屋さんってこんなんやろ?」

というインド人によるインド料理店です。 最近、ベジタブル系・ダル系のインドカレー屋さんの方が流行ってるから今は本格派の方がウケるよ、全国から食べにくるよ!と教えてあげたい。

そんなオーソドックスなカレー屋さんです。 駒沢公園に向かう道にも同じお店じゃないの?というようなお店があるのでライバル店ですね。 絨毯屋の奥にあります。

2種のカレーとライスとドリンク


2種のカレーとライス、ドリンク付きで900円のセットを頼みました。

この手の店に来た以上は、ナンを食べるっしょ!と行きたい所でしたが、ここ最近Amiとか、砂の岬とか、ネパリコとかのを食べていたので、味の違いが分かりやすいようにと思いライスにしてみました。 

よく考えたらインドカレーといえば「バターチキンカレーとナン」の組み合わせばかり食べていたから、ひょっとしたらライスだったらネパリコやAmiと味も近いじゃんって思うかもしれないと。

そして、2種は、ベジタブルカレーとダル(チキン入り)にしてみました。

ベジタブルカレーの方は、チキンカレーがベースでチキンの代わりにゴロゴロと小さい野菜が入っている(グリーンピースとかニンジンとかジャガイモとか)タイプで、いわゆる、昔からよくあるインドカレーに近い。

ダルカレーは、かなり今風の個人店ベジ系カレーに近いものがありました。 豆のカレーですからね。 ダルカレー食べたければここでもいいわけですよ。 というか、チキンカレーとダルの組み合わせがどっちも欲しい味でちょうどいい。


メニューはこんな感じ。

2種とかドリンクとかってすると普通のいいお値段になりますが、最低限に抑えれば安いです。 

外観だけだと若干入りづらいように思うかもしれませんが、店内はテーブル席が6つくらい? 結構広いし複数人数OKで落ち着いた空間です。 インド人経営で異国感はあります。

もう一軒の駒沢公園に近い方のインドカレー屋にも行った事ありますが、その時はオーソドックスにチキンカレー&ナンの組み合わせで、その組み合わせ的にはどっちが美味しいとかあんまり違いが分からないくらいだったので、他のメニューもいろいろ凸してみたいと思うのでした。

ていうか、駒沢大学駅って、カレー屋が意外と多いですよね。 ココイチもあるし。



ブログランキングに参加しています。
記事が役に立ったら、下の2つのボタンをポチして頂けると励みになります!!

にほんブログ村 グルメブログ 昼食・ランチへ