長崎のソウルフウドのちゃんぽん、皿うどん。

都内で美味しいちゃんぽんや皿うどんのお店ってなかなか聞かないですよね。
でもごくたまに無性に食べたくなったりして、リンガーハットに行ってみたり。

三軒茶屋にある来来来(らいらいらい)というちゃんぽんのお店は、どうやら長崎出身の常連客も多く通う店らしい。

その味を早速レビューしてみる。

三軒茶屋の来来来(らいらいらい)

来来来は三軒茶屋駅の北口から徒歩3分程度の場所にあります。
茶沢通りを北へ進み、左側のカフェドクリエの手前路地を左に入ってすぐです。

この暖簾を目印にしてくださいね。

人気店で混雑を予想したので、オープンの11時半かっきりに向かいましたが、すでに席は埋まっており、ぎりぎり最後の席で入店…

店内は昔ながらの中華屋さんといった感じで、店主が料理、奥さんが接客の2人体制。カウンター席が10席程度、目の前で店主が注文後に作り出すというスタイルです。

今日、外はとても寒かったんですが、店内は狭さと熱気で暑く感じるほど。

お客さんは常連と思わしき男性のお一人様と、サラリーマンで埋まっており、全て男性でした。

メニュー

事前にネットで調べたときは、ちゃんぽんと、皿うどん、あと餃子だけといったシンプルなメニューだと思ったんですが、実際はかなり沢山のメニューがありました。

ペコペコの人とペコの人…なんですね(笑)

でもこの意味は後で分かりました。

ちなみに定食もありました。煮込み定食も捨てがたいけど…今日はとにかくちゃんぽんを食べにきたので、潔く長崎ちゃんぽんを注文。
相方はバリバリの皿うどんを注文。

長崎ちゃんぽん

注文してから作り始めるので、出てくるまでには少し時間がかかります。
たぶん15分程度は待ったと思います、やっと出てきました!!

感想は「大盛っ!!野菜スゴ!!」
早速スープを一口。思ったより全然あっさりします。

私の中でのちゃんぽんって、リンガーハットの味だったので、こんなあっさりなんだと衝撃。でも旨い。コクはしっかりある感じです。

麺は太麺で、食べ応えがあります。
その代わり野菜は細かく刻まれていて、バランスがとっても良い。
食べても食べてもなかなか無くならないのですが、なぜだかそんなにもたれない不思議なちゃんぽんでした。これで800円。

「癖になる味」というのが、なんだか分かる気がします。

でも上のメニューで紹介したとおり、お腹ペコペコの人向けです。満たされまくります。

バリバリの皿うどん

相方が注文したのは皿うどん。
皿うどんのほうが注文してから出てくるまでにもう少し時間がかかったかな?
店主は1人しかいないし、ひとつずつ作るから、ここはしょうがない。

味の感想を聞いたところ、リンガーハットとは全然違ったそうです(笑)
ちゃんぽんは上で紹介した通り、割と味がさっぱりしてましたが、こちらの皿うどんはしっかり味つけされています。
乗っているエビもプリプリで美味しかったと。
なんだかちゃんとした皿うどんが食べられた!!やった!!と言ってました。こちらも800円。

美味しい皿うどんを食べたい人には絶対ハマるとのこと。

まとめ

一言で言うと、本場の味なんでしょうね。
今まで食べたちゃんぽんや皿うどんとは一線越すような感じでした。
店内の雰囲気もまた味があって、これぞ名店といった雰囲気。他のメニューも気になるので、また足を運んでみたいと思います。



ブログランキングに参加しています。
記事が役に立ったら、下の2つのボタンをポチして頂けると励みになります!!

にほんブログ村 グルメブログ 昼食・ランチへ