駅で言うと田園都市線池尻大橋。 「三宿」のカレー店。 老舗。 クセになる味です。

ビストロ喜楽亭


駅からは246沿いを割と歩きます(徒歩10分)が、土日は12時を過ぎると少し並ぶくらいの人気店。 30年もそれをキープしているのって凄いですよね。

メニューはたくさんあって迷います。
よくばりカレー・チキンカレー・ビーフカレー・はやしカレー・限定カレー・その他もろもろ・・
http://www.bistro-kirakutei.co.jp/
HPのトップページにメニュー一覧があるので多少イメージを固めていくと良いでしょう。

ランチで行くと、Aセット、Bセット等があります。 女性はサラダやデザートが付くからセットがいいですよね。

私のオススメは単品の注文で、野菜カレーか、その時の限定カレー、カツカレーあたりですかね。 はやしやキーマ等も食べましたがどれも美味しいです。  ビーフやチキンはゴロっとしたのが入っているのですが特に柔らかくとろけるって感じでもないです。


基本的にはルーやサフランライス・ライスに隠されたレーズンや刻んだアーモンド等の組み合わせに病みつきなのでどれもあまり変わらず美味しいです。 洋食屋っぽい雰囲気もあるのでカツ系も美味しいです。

カレーといっても何系なのか? って行った事なければ気になる所ですよね。 何系なんだろう・・少なくとも印度とか多国籍って感じでは無くてホテルオークラ的な? 洋風のシンプルなんだけどスパイスが効いててちょっと濃厚めみたいな。


コチラが野菜カレー。 野菜がドロっと入っているわけでは無く、ゴロっと入っているわけです。 超オススメ。


コチラはチキンカレー。 壺焼きカレーというだけあって、壺にグツグツ状態で運ばれてきて、レンゲでルーを少しずつかけながら食べるのが一般的です。

ビストロ喜楽亭のカレーの食べ方心得(我流)

ここで迷うのがレンゲはルーをかける用にして、スプーンもあるから、食べる時はスプーンという人もいると思うのですが、

レンゲでルーをかけてレンゲで食べる これが美味しい。

それが喜楽亭流というわけではなく、勝手な我流です。 正直食べにくさはアップしますけど、なんか美味しい気がする。 なんか。

後、コツがもう一つあります。

ルーはもったいぶらずにどんどんかけるべし

最初からルーがかかっていない状態で少しずつルーをかけながら食べる時、人はこう心配します。

「ルーが足りなかったらどうしよう・・」

そう思いながら慎重にルーをかけてしまいがちですが、そのペースだとルーが残ります。

豪快にガッツリルーをかけて楽しみましょう。 最高です。

価格はランチのセットだと1200円とか1300円くらいだったような。 単品だと900円前後~あります。 カツ等を乗せると1300円くらいで、1500円とかのスペシャルな物もあります。 お値段に見合ったものが運ばれてきます。

あと、ここの凄い所は、深夜の2時まで(ラストオーダーは1時)までやっているという事ですね。 深夜に行った事は無いですが飲んだ後に寄ったりするのでしょうか。 ビストロなのでワインでも飲みながらという夜の顔もあるのかもしれません。 とりあえず王様的にはランチでオススメ!

なんか一定期間あくと無性に食べたくなるんですよね。 そんな魔力があります。


おまけ セットのアイスとラッシー


セットのサラダ


ラッキョウ・お漬物はデフォルトでこのくらいついてきます。

ビストロ喜楽亭の混雑具合は?


私は平日も土日もここをよく通りますが、やっぱり土日・祝日は行列が出来ています。 平日は11時30分頃行くことが多いのでピーク時がどうか分かりませんが、ここまでではないはず。 ちなみにこちらは11月3日文化の日で祝日の行列具合。 席数は割とあるし、中は座って待つところが3人分くらいしかないので、そんなに待たなくても入れるんじゃないかしら。



ブログランキングに参加しています。
記事が役に立ったら、下の2つのボタンをポチして頂けると励みになります!!

にほんブログ村 グルメブログ 昼食・ランチへ